切干大根の作り方 干しかご女

干物つくる女
ぶり子
ぶり子

どーも!呑み過ぎで内臓が心配なぶり子です!
仙台ぶり子Twitter

切干大根を作ることになるなんて考えもしなかったぶり子です。

自宅で切干大根を作るメリットは『用途別に大きさや形を変えられること』『適量を作れること』『ゴミが減ること』

さぁ、大根を干しましょう。


切干大根を干す時間帯

干しかごを買ったら何を干そうと考えて、けっこうな人が最初に思い浮かべそうな『切干大根』

そんな切干大根は干しかご初心者にもおすすめで、気温が気になる肉や魚とは違い何時に干しても安心なのが魅力。

カビが心配なので、雨の日は避けて晴れた日を選びましょう。

切干大根の作り方

皮ごと切干大根にしても良いのですが、自分で作るなら用途別に分けるのがおすすめ。

画像さかさまで酔いそうだ・・・

こんな感じで、輪切りにしてから皮をむいて千切りに。

皮は煮物がおすすめで、

中の方はスライサーでシャッシャッとして千切りにして、サラダなどに使うのがおすすめ。

サラダは戻して中華サラダ風にしたり、ツナマヨで和えたりする人がいるみたい(やったことはないがやってみたい)

切り方はかつら剥きでも良いし、好きなように、好きな大きさに切ればいいと思います。大きいと乾きにくいので、晴れの日が続くときが良いかも。

干すときはできるだけ重ならないように広げます。

ちなみに、この要領でスライス干し椎茸を作ることもできます。

わたしは夕方から朝までは肉・魚を干して、干しあがった肉や魚を取りに行くついでに野菜や果物を干しています。

そして、乾いた野菜や果物を取りに行くついでに、肉・魚を干しに・・・

はい、夕方には干し椎茸と切干大根の出来上がり。

切干大根って細かいので網から取るの面倒くさいですね・・・

カスが網の下の方にボロボロ落ちます。掃除必須。

自家製切干大根と干し椎茸で炊き込みごはん

切干大根と椎茸はサッと洗って水で戻してから炊き込みご飯に使います。

目分量で適当。わたしは調味料はみりんとしょうゆ半々です。(醬油もみりんも甘め)

シンプルですが、自家製となると子供も喜ぶし、朝ごはんにも喜ばれます。

主婦的はリーズナブルなのになんとなく豪華に感じられるのが嬉しい。

鶏もも肉の味噌粕漬けを干したものと一緒に焼いたりして。

鶏の脂が混ざって美味しい・・・

タイトルとURLをコピーしました